平成28年度・大阪支部「鯨工会」総会のご報告

平成28年6月18日(土) 大阪支部「鯨工会」の総会が本部包國会長・徳弘副会長・中野事務局長・山本理事、学校を代表して山本副校長、高知県大阪事務所の金谷所長を来賓としてお迎えし、「神仙閣・大阪店」で開催されました。

杉山事務局長から開会宣言の後、吉岡敏雄元鯨工会会長を含む10名の物故者のご冥福をお祈りし黙祷、堀田支部長の挨拶、ご来賓挨拶他、粛々と議事進行しました。

大崎副会長の司会で懇親会へと進み、乾杯(二村理事・乾杯挨拶)の後、歓談とカラオケ大会で大いに盛り上がりました。

金谷・高知県大阪事務所長の挨拶では、新高知港にクイーンエリザベス号が寄港することや東京オリンピックでよさこい踊りが公式採用されるお話しは印象的でした。

来年は、6月17日(土)に開催することを予定して、散会しました。

本年は、南・難波(ホテルメトロthe21)から北・梅田へと会場が変わり、参加者は昨年の50名から66名と増えました。来年は40周年の総会になることも合わせて、鯨工会の活性化に期待が持てる総会となりました。

(文責:S53年情報 小橋 壽也)

平成28年・鯨工会記念撮影

記念撮影

平成28年・鯨工会総会(写真集)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です